更に詳しいプロフィールを以下にご紹介します。

検討の一助になれば幸いです。

 

1.プロフィール

  • 昭和57年生まれ
  • 北海道函館市出身
  • 北海道函館稜北高等学校 卒業
  • 弘前大学人文学部 情報マネジメント課程 卒業
  • 高校卒業まで北海道函館市で過ごす
  • 大学生活4年間は青森県弘前市で過ごす
  • 就職とともに上京 現在まで千葉県船橋市在住

 

2.家族

  • 4人家族(妻、子ども2人)

 

3.職歴

2005年4月 NECネクサソリューションズ株式会社 入社 ソリューション営業職
2013年1月 同社 退社
2013年2月 税理士法人ゆびすい(東京支店)入社
2016年8月 税理士登録
2017年6月 税理士法人ゆびすい 退社
2017年7月 佐藤 大地 税理士事務所開業

 

4.趣味

  • サッカー(中学2年から高校3年まで部活、大学は遊び、30歳頃まではフットサルをやってましたがもう引退しました。。。)
  • 海外サッカー観戦(好きなチーム:FC Barcelona)
  • 読書(古典、歴史小説等)
  • 車で旅行(歴史散策、温泉)※高知県以外全都道府県に行ったことがあります。
  • 日本史好き(戦国、幕末、明治、昭和(大東亜戦争))
  • ゲーム(信長の野望、Battlefieldなど)
  • 海釣り(防波堤程度。今は行けてない。どこで何が釣れるか、どんな竿や仕掛けがよいか調べる気力がない。子どもが大きくなったら一緒にやろうかなと。)

 

5.好きな書籍

歴史小説や古典が好きです。今はほぼ100%電子書籍(iPhoneのKindle)で読んでいます。戦国、江戸、明治、昭和(大東亜戦争関係)時代のものがメインです。

司馬遼太郎をはじめとした歴史小説が好きで、かなり影響を受けていると思います。

ビジネス書はあまり読みません。月間致知を定期購読しているくらいです。

専門書としては税務、会計関係とIT仕事効率化関係(Microsoft Excel等)の実務直結の書籍が多いです。

 

6.顧客対応方針

  • 分かりやすく説明すること
  • 正直、誠実な商売をすること
  • 自分が顧客の立場だったら選択しない選択肢をアドバイスしないこと

…難しいです。日々反省です。

 

7.仕事道具

  • MacBook Pro (13inch, 2019, Touch Bar) + Parallels Desktop + Windows 10
  • iPhone XS
  • iPad Pro (10.5inch) + Apple Pencil
  • apple watch series 4
  • Scan Snap IX100(モバイルスキャナ)
  • CASIO S100(電卓)

数年前に興味で私用PCをMacに変えてみましたが、使っているうちにMacの良さが分かり、仕事用のPCもMacにしました。

気づいたらApple信者に。。。

Windows上で利用する税務ソフトや会計ソフトがあるため、仮想環境でWindowsを利用しています。

道具は、多少高くても品質が良いものや、機能性が高いものが好きです。

 

8.税理士試験への挑戦について

税理士合格までは、7年間を費やしました。

税理士業界に入る前に2科目合格し、その後税理士法人へ転職後、残り3科目合格できました。(税理士試験は、会計科目と税法科目をあわせて5科目合格する必要があります。)

当初は1年1科目ずつの合格で5年間で合格するつもりでしたが、働きながら26歳から勉強をし始めて、33歳で税理士の資格を取得しました。

勉強専念の期間(無職期間)は設けずに、土日のどちらかを専門学校での授業に費やし、平日は早朝、通勤、就寝前の時間を利用し復習していました。

長い道のりでしたが、決して辛い思い出では無く、新しいことを学べる喜び、人から教えてもらえるありがたみを噛み締めながら楽しんで挑戦していました。

 

9.開業前の業務経験について

大学では主に簿記、経営学や会計学、原価計算などを学び、大学卒業後は東京のIT企業に就職しました。

ここではおおよそ7年、営業職として、官公庁、官公庁外郭団体のお客様に対し、業務システムの受託開発、PC・サーバ等のIT機器、ネットワークシステム等の提案をしておりました。

その後、税理士法人に転職しましたが、ここでは社会福祉法人や学校法人、土地改良区等(ここでは公益法人と定義することにします)のお客様をメインに担当することになり、一般企業の税務・会計と異なる実務を経験してきました。(一般企業の税務・会計の実務も経験しています。)

はじめは公益法人のお客様よりも、漠然と一般企業の税務・会計をもっと経験したいと思っていましたが、公益法人のお客様を多く担当し理解が深まるなかで、公益法人会計の面白さ、公益のために事業をしているお客様に魅力を感じ、公益法人を中心に仕事をしたいと考えるようになりました。

当初は特に意識していたわけではありませんが、社会人になって以来、結果的に民間企業のお客様と比較し、利益追求を目的としていないお客様との関わりが多いです。